猫の爪とぎ 被害防止に

壁まもる  新発売! (特許登録済)

     コーナー用の詳しい説明をするニャン

猫の爪とぎ 被害を防止する 壁まもる コーナー用 詳細説明

コーナー用の構成「ピン留めベース」の各部名称と解説取り付け方コーナー用サイズ各タイプ

壁まもる コーナー用の構成

■【写真1】コーナー用は、2枚の板と、1つの「ピン留めベース」で構成しています。

板は、岩手県産の杉材を使用していますが、材質の似たサワラ材が混じる場合があります(※サワラ材は、風呂桶などに使用される材で、水に強く、軽くて柔らかな材です)。

壁に取り付けられているのが「ピン留めベース」です。2枚の板は、マジックテープ(写真の黒い部分)で、ピン留めベースに固定されます。


※コーナー用は、交換用の板のみの販売もしています。

「ピン留めベース」の各部名称と解説

■【写真2】

「ピン留めベース」は、透明なプラスチック板を使った「ピン留めベース本体」と、それに貼りつけた「マジックテープ」、さらにそれらを取り巻く「フレーム」で構成されています。

また、「ピン留めベース本体」の補助として、ヒレ状のプラスチック板「フィン」を4つ取り付けています。「ピン留めベース本体」は、上中下と3つ設けており、それぞれ中ほどで折れ曲がるようになっています。

また、それらを連結するように、白いプラスチックの「フレーム」を周囲にめぐらしています。このフレームは断面がL字型をしており(通称プラスチックアングル)、板の周囲を覆うようになっています。
 これは、板をしっかり保持すると同時に、壁との間にできるスキ間をふさぎ、お子様がスキ間に指を入れてイタズラに板を取り外すことを防ぎます。


壁まもる コーナー用の取り付け方

【写真2】参照
@まず、ピン留めベースが折りたたまれている場合は、ほぼ直角になるまで開きます。マジックテープが付いているほうが表面です(裏表間違えないようにご注意を。また、この時点では、まだ板を取り付けないで下さい)。

A取り付けたい壁のコーナーに合わせて、「ピン留めベース」を附属の画鋲で留めます(板の長さが70cmありますので、床面から10cm程上に取り付けていただければ、だいたいの猫には対応できます)。

B画鋲は、「ピン留めベース本体」と「フィン」の部分に刺して壁に固定します。【写真2】の画鋲の位置とだいたい同じ位置を留めるようにして下さい。

画鋲は、普通画鋲(金色)と、それより針がやや太くて長い補強画鋲(銀色)の2種類が入っていますが、石膏ボードを使った壁の場合は、【写真2】の青丸印のところを補強画鋲にすると、よりしっかりと留めることができます。
※【写真2】の赤丸印の箇所は、一般的に壁のクロスの下に、角を保護するためのL型プラスチック板が角から左右3cm位の幅で貼られていることが多く、その場合は補強画鋲だと固くて手で刺し通せませんが、普通画鋲でしっかりと留めることができます。
※柱など木部に直接取り付ける場合は、固くて補強画鋲は刺さりませんので、全て普通画鋲をお使いください。

Cピン留めベースの取り付けが終わったら、2枚の板を取り付けます【写真3】。フレームに合わせて押さえるだけです。マジックテープで簡単に固定されます。
猫爪とぎ 防止 壁まもる コーナー用の板を外したところ

↑【写真1】壁まもる コーナー用の板を外したところ。

【写真2】

猫爪とぎ 防止 壁まもる コーナー用 ピン留めベース 説明

↑【写真2】壁まもる コーナー用のピン留めベース。

【写真3】

猫爪とぎ 防止 壁まもる コーナー用 取り付け完了

↑【写真3】板を取り付ければ完了です (壁まもる コーナー用)。

猫爪とぎ 防止 「壁まもる コーナー用」 サイズ

・コーナーの脇に障害物がなく、壁のスペースも十分ある場合
  → Mサイズ を使用

・コーナーの脇に入り口などがある場合(図2)
  壁のスペースが94mmより狭い → Sサイズ を使用
  壁のスペースが68mmより狭い → 取り付けできません(「壁まもる 布プラ板」をご使用下さい)
※詳しくは【図3】上部に示した幅が、コーナーの左右に必要となります。


[コーナー用 サイズ表]
サイズ取り付けに必要な壁の幅板1枚の寸法
Mサイズ片側94mm、片側103mm以上長さ70cm 幅105mm 厚さ10mm
Sサイズ片側68mm、片側77mm以上長さ70cm 幅79mm 厚さ10mm

※板のサイズは、乾燥状況により、若干の変動がありますのでご了承下さい。

※取り付け壁の幅が片側68mmより狭い場所には取り付けができません。
三面用 サイズ

【図2】

猫爪とぎ 防止 壁まもる コーナー用 入り口横サイズ

↑【図2】コーナー脇に障害物がある場合

【図3】

猫爪とぎ 防止 壁まもる コーナー用 サイズ

↑【図3】壁まもる コーナー用 サイズ

麻タイプ

麻生地(ジュート)を木の板に貼りました。爪がかかりやすく、多くの猫に一番人気のタイプ。爪とぎ屑も出にくい一品です。色はベージュがっかった白色で、お洒落な雰囲気をかもしだします。交換用の板も販売。

↓表面のアップ 織り目は比較的詰まっています。自然素材の生地なので所々に黒い班点が混じります(写真下右)。織り目が不規則になる部分などもありますので、あらかじめご了承ください。
猫爪とぎ 防止 壁まもる 麻タイプ クローズアップ 猫爪とぎ 防止 壁まもる 麻タイプ 黒点

NEW「麻タイプ 強化オプション」

麻布を固く加工して耐久性を向上させます。爪研ぎ屑もほとんど出なくなります。見た目は通常の麻タイプと変わりはありません。
 多頭飼や、力の強い猫におすすめのオプションです。力の弱い猫では、やや爪研ぎ傾向が下がりますが、多頭飼の場合は他の猫の影響も受けますので、トータルで見るとイチオシの商品です。
 「コーナー用」「三面用」の2種類のオプションがありますので、対応する「壁まもる」や「交換板」と一緒にご購入ください。

猫爪とぎ 防止 壁まもる コーナー用 麻タイプ

(のこ)目タイプ

木での爪とぎに慣れない猫のために「鋸目」を入れました。「壁まもる」で爪とぎをさせたい場合は「麻タイプ」か、この「鋸目タイプ」がオススメです。

交換用の板だけでも販売しています。


猫の性格による傾向と対策 参照
猫爪とぎ 防止 コーナー用 鋸目タイプ

帆布(はんぷ)タイプ

厚手の丈夫な生地「帆布(はんぷ)」を木の板に貼りました。猫が爪とぎをする傾向は下がりますが、白い生地なので白壁のボロ隠しには目立たず最適です。例え猫が爪と研ぎをした場合でも、木のままよりもかなり丈夫で長持ちします。「壁まもる」各タイプ中、最も丈夫です。

交換用の板だけでも販売しています。

↓帆布生地見本 麻タイプより目が詰まっていて、かなり丈夫です。その分、爪はかかりにくくなります。綿100%。 猫爪とぎ 防止 「壁まもる」帆布生地見本

コーナー用 帆布タイプ
設置できない場所/ご注意点

料金・商品一覧・ご購入画面へ

ページTOPへ

壁まもる HOME
inserted by FC2 system